おしゃれでモダンな平屋注文住宅

平屋住宅を建てよう!

このサイトでは平屋の注文住宅に感心のある方のために、つくり方の流れなどの情報を提供しています。
2階建てとの違いやメリットなどの特徴や地震の多い日本で安心安全に暮らせるのか、気になる耐震性についても触れています。
そして生活をする上で知っておきたい暮らしのアイディア、子育てをするにはどうなのかなど、不安いっぱいのお母さんにも、夢や希望が膨らむ男性の方にも、知って役立つ予備知識を幅広くご紹介いたします。

平屋の注文住宅をつくるには?流れを知ろう

平屋の注文住宅をつくるには?流れを知ろう 平屋の注文住宅をつくるための流れの第一歩としては、目標を立て資金計画をつくり、それに基づいて自己資金を用意することです。
並行してどんな暮らしがしたいのかを明確にします。
住みたい場所や通勤通学の利便性、スーパーや病院など生活に欠かせない施設との距離感などから考えます。
イメージが固まったら土地を探してみましょう。
絶対譲れない条件を家族で話し合い、最低でもその条件を満たしたものに絞り込みます。
そして施工会社を探すことになりますが、ネットで検索すると数え切れないくらいの業者が表示されます。
大手を選ぶのか、平屋の経験が豊富なところを選ぶのか、値段で選ぶのかなど基準は様々です。
一生に一度の買い物ですから、住宅展示場や実際の施工物件に足を運ぶのも良いでしょう。
イメージする家を建ててくれるのはどの会社なのか、時間がかかっても慎重に選ぶことをお勧めします。

平屋の注文住宅は大手に依頼するとモダンなイメージに

平屋の注文住宅は大手に依頼するとモダンなイメージに 平屋というのは昔の家に多く見られます。
小さな子供がいるファミリー世帯であれば二階建ての家が一般的ですから、平屋というと高齢者が住む和風の家を想像するような人もいるでしょう。
ですが今の平屋はモダンでとても素敵な家になっていることも多いです。
子育てが終わった高齢者であれば、二階建ての家は部屋が多すぎますし、二階のない平屋のほうがとても便利に暮らせると思えることが多いです。
ですから老後に暮らす家として大手のハウスメーカーで注文住宅を建ててみても良いでしょう。
今の中高年はバブルを経験した世代でもあることから、家もモダンなものを選び、和風の要素を取り入れるにしてもカッコいい感じにすることが多いです。
畳の模様から間取りまでモダンな平屋というのも実現できますから、老後に過ごしやすい家を手に入れたいと思うようなことがあれば、そうした自分のイメージをハウスメーカーに伝えて、イメージ通りの注文住宅にしていくようにすると良いでしょう。
二階建てに比べて費用も安くなることが考えられますから、無理をしなくても貯金で建てられることが多いです。
ローンの心配もしなくて良い家にすれば生活も安定したまま暮らせることが多いでしょう。

注文住宅は吹き抜けがオシャレでセンス良く人気

注文住宅はこれからどのようなライフプランにしていくかによって好みや理想が変わってきますが、大家族で住むのでなければ、建物自体はこじんまりした感じになることも多いので、開放感の感じられるような、吹き抜けの空間にするのが人気です。
吹き抜けにしてしまえばとても広々とした空間になるので、建物そのものは大きくなくても広く感じられるものです。
ですが注文住宅にすることで部屋数をいくつかつくりたい、ということであれば注意が必要です。
開放的な空間にすればそれだけ部屋数も少なくしなければならないなどの制限が出て来る可能性もあるので、そのことも気に欠けながら設計していきいましょう。
部屋数が少ないということはこれから家族が増えた時に困ることもあるので、どのような生活になるのか、ある程度使う部屋を予想したうえで取り入れるかどうかを決めていくのが賢明です。
失敗したと感じないような家つくりをしていくのがおすすめでしょう。

注文住宅は3階建てにすることで部屋数を多くできる

注文住宅は自分の理想通りに、自由に設計できるのが魅力的ですが、それでも土地に余裕がなければ平屋にはできませんし、部屋の間取りにも制限が出てきてしまいます。
ですから土地に余裕のない人が建てる注文住宅として人気なのが3階建ての注文住宅です。
横に広げることができないのであれば縦に長くすれば、それだけ部屋を余分に作ることができますし、スペースもできるでしょう。
また、縦に伸ばせば部屋数が増えても土地の広さ自体は変わらないので土地の固定資産税もそのままです。
3階建てにすることで部屋の中に階段が多くできてしまうことになりますが、できるだけあまり使わない部屋を2階や3階にすることで、階段を上り下りする不都合さをなくすこともできますし、生活に支障が出るようなこともないでしょう。
特に自分の隠れ部屋を3階建てにすることで実現させる人というのは少なくないものです。
アイデア次第で夢を実現させることもできるのでおすすめです。

注文住宅はデザインなども参考にして決める

一軒家を購入するにあたり、選択肢は大きく分けると2つあります。
まずは分譲住宅であらかじめ規格が決まっていたり、建てられている建売住宅ということになります。
こちらは余り選択する余地もないですし、決められている物から選んで行くという感覚です。
費用は抑えられる反面思い通りにできる自由度は低くなります。
一方注文住宅は1からデザインも行っていくことが出来ますし、家族構成に合わせた間取にすることも出来て思い通りに家にすることが出来るというのが最大のメリットです。
何から決めて良いのかわからないという時には、モデルハウスなどを訪れてイメージを膨らませるというのも参考になりますし、ハウスメーカー選びも重要になりますので口コミ評判も参考にしていきましょう。
費用が掛かりがちな注文住宅ですが、選ぶポイントとして1番大きいのはハウスメーカー選びです。
大手は信頼も有りますが広告費もかかっているので高くなる傾向が見られます。

注文住宅はハウスメーカーに依頼してみよう

注文住宅は高額な費用が必要になるため、家族の希望に合った家を建てるためには信頼できるハウスメーカーに依頼することが大事です。
地元で評判の高いハウスメーカーでは防水性、遮熱性、断熱性に優れた屋根材や外壁の塗料、傷や汚れの付きにくい床材や壁材などを取り扱っています。
高齢者や子供などの体の弱い人がいる場合でも結露やカビ、ダニ、埃などが発生しにくい商品が揃っているので安心です。
専門業者は経験豊富な設計士、建築士、大工、職人などが在籍をしているので自由度が高く、家事動線の良い間取りを考えてくれます。
注文住宅の内装やインテリアは和風、アジアン風、欧米風、北欧風などに仕上げることが可能です。
システムキッチンやトイレ、浴室などは最先端の商品を取り扱っているので快適に使用することが出来ます。
事前に大体の予算を決めておくことで、理想の家作りが可能です。
無理な勧誘などはなく、納得が行くまで打ち合わせをしてくれます。

注文住宅を建てるときには動線を考えることが重要です

注文住宅は自分の好きなように間取りを設計することができることが良い点になります。
間取りを考えるときには、快適に生活することができるような間取りにすることが大切になります。
注文住宅では、生活動線を考えることが重要になり、リビングやキッチン・トイレ・バズルームなど行き来しやすくなるように設計すると良いです。
キッチンとランドリールームは隣接している方が良いです。
お料理しながら洗濯をすることが可能になり、無駄な動作を省くことができます。
ランドリールームからバルコニーを近くすることも重要で、洗濯ものを抱えて移動する動作を軽減させることができます。
ランドリールームは広く取るようにすると、アイロンがけなどの作業を一つの部屋でおこなうことができるようになり時短効果があります。
ランドリールームとバスルームも繋がっている方が良いです。
お風呂に入るときに洗濯することができてたたんだ衣類を効率よく片付けることができるようになります。
生活動線を意識して設計することで、無駄な時間を省くことでスムーズに家事にとりかかることができるのです。

注文住宅の最新情報をもっと

加古川で注文住宅を建てる